菊の花
香典袋

「宗派」と「宗旨」に注目

「宗派」と「宗旨」がどうなっているのかは、納骨堂選びをするうえで大事な要素です。納骨堂は宗教的な施設ですので、施設それぞれがどういった宗教に対応しているのかを調べておきましょう。

参列する人々

お墓の様式も豪華にできる

予算をかける事で納骨堂埋葬も豪華なものにする事が可能です。埋葬スペースも段階ごとにプランがあるので、シンプルよりも少し豪華さを求める家族はプレミアムなお墓を選んでみて下さい。

喪服を着た男女

家族皆で見学に訪れる

候補として絞り込んだ納骨堂には、家族全員で見学に行くのが理想です。これから皆が一緒に眠る場所となるかもしれないので、納骨堂施設は家族全員が納得できる場所を選んでおきましょう。

通いやすさもメリット

供えられた花

大都会東京では経済的事情などを理由に、従来の墓石を使った墓地での埋葬を選択する家族が少なくなっています。東京という地域そのものが狭い土地であり、なおかつ土地代や墓石代も高額となっているので、平均所得の家庭では現実的では無い埋葬方法だと言えるのです。
だからといって故人をどこにも収めないのは家族としても気分の良い事ではありませんので、従来の墓石埋葬とは別のやり方を選択していく事になるのでしょう。
こういった背景から東京を始め都会でどんどんニーズが高まっているのが納骨堂です。ヨーロッパなどの集団埋葬などに近い埋葬方式で、特定の施設にて少スペースを使った比較的低料金の埋葬方法が納骨堂なのです。
納骨堂は施設が主要駅近くに建てられる事が多いので、交通アクセスの利便性もメリットとしてあげられます。お墓は故人を収めれば終わりというわけでなく、定期的なお参りをするのも大事な事です。ただ東京郊外に作った墓石では、お参りに行くだけでも移動の手間というのがかかってしまうのです。お墓参りに「手間」という考えは持ち込みたくありませんが、片道を自動車で数時間かかるようなケースでは、気軽に参拝へ行く事など都会人にとっては厳しい問題と言えるでしょう。
ですが主要駅から歩いて数分のところに建てられている人気納骨堂ならば、電車を使ったスムーズなアクセスが可能です。マイカーを持っていなくてもこれならお参りを頻繁にできるので、東京で納骨堂を探すときは交通アクセスについても注目してみて下さい。